第654回 日本公開はなぜ遅いのか” への1件のフィードバック

  1. 日本で洋画の公開が遅れるのは、
    まず公開本数に対してスクリーン数が少ないのでスケジュールが渋滞しているからでしょうね。
    映画館を訪れる人が減少傾向にあったり、
    全体的には洋画の方が観客動員が奮わなかったりすることもあるのでしょう。
    もちろん現在の映画公開に関わる制作会社・配給会社・興行会社それぞれの事情もあるのだと思います。
    賞レースの実績などで宣伝に箔を付けたいとか、
    キャンペーンを長く展開したいとかもあると思います。
    以前は字幕作業や吹替え作業に時間がかかるので公開が遅れて、
    今の半年~2年遅れるスケジュールが普通になったそうです。
    日米同時公開の作品が今後もっと増えてくれるといいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です