第625回 茄子トーク” への1件のフィードバック

  1. ボケナスは漢字で書けば「惚け茄子」で色つやのあせた茄子を意味でぼんやりした人を罵る言葉ですね。
    なすは元々はなすびが正しい名前でしたが宮中などに使える女官=女房が使う女房言葉から「おなす」になり
    しだいにおが取れてなすになったそうです。
    女房言葉は調べると言葉の頭に「お」を付けるものと最後に「もじ」と付けるものが多く、
    現代に残っている感があるのは「お」を付ける方だそうですよ。

    お犬様問題、今もあるのか判りませんが日光江戸村に蝋人形で犬が奴の担ぐ輿にのって傘を差しかけられて
    いたのがあるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です