第606回 子供の夢がYOUTUBERになる理由” への1件のフィードバック

  1. テレビが色々な面で話題の中心では無くなりましたね。
    家族で一台のテレビを囲む構図からひとり一台となり、
    見たいメディアの多様化がより進んでテレビ放送が個々のニーズに合わない面があるのでしょう。
    また放送倫理の問題で以前のような見世物小屋的な番組も放送出来なくなり、
    予算的に大掛かりな番組も難しいのでしょうね。
    お笑い番組はある程度の長さの時間でちゃんとネタが出来る番組が無くなってしまうのは残念。
    昔は寄席番組なんかも多かった記憶があります。
    子供の憧れの職業は男の子だと昔からその職業がカッコいいがどうかがかなり重要なのではと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です