第544回 万引きした少年の未来” への2件のフィードバック

  1. はじめまして
    北海道生まれ北海道育ち道産子ドライバーです
    いつも楽しく聞いてます
    けん様 おかよ様のお話大変興味深くこんなにお話しできたら良いなぁと思う今日この頃です
    北海道は四月になっても雪が降ったり止んだりでまだ寒うございます
    自分は大阪には行った事が無いのでどんなあんばいか?わかりませぬが
    お身体に気をつけて配信頑張ってください
    それでは しぃーゆぅーしたっけねー

  2. とっておきの怖い話(実話)を送ります。
    30年以上前のこと。ちょうど今のような季節に山中で行方不明になった初老の男性を捜索する一員として駆り出されました。春とはいえ朝晩はかなり冷え込み、数日は経っていたことから「死体」を探していることは暗黙の了解でした。
    数十人が山に集合し午前中の捜索は何も手がかりはありませんでしたので支給されたおにぎりを食べたあと、午後の捜索が始まりました。我々は舗装された道路を歩いていたのですが、ふと道路脇の獣道のような溝が目に入りました。「ちょっと行ってみようか」ほんの気まぐれで同僚と二人で入っていくことにしました。
    舗装も何もない土の斜面で歩くだけでもハードでしたが、言い出した以上なかば意地になって道無き道を黙々と歩き続けました。
    何十分歩いたでしょうか、遠くの尾根に高圧線の鉄塔が見えてきました。
    「クビを吊るのにちょうど良いな」
    同僚と不謹慎な冗談を言っても笑えないほど山道に疲れていました。
    鉄塔の根元が見えてくるとそこには男性がクビを吊った姿がありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です